身体の声を聴けばいい,その4



『私たちの”あたま”というものは、何かというとすぐに「因果関係」をせんさくする…』


 内臓とこころ(三木成夫・著/河出文庫)より引用


身体の声: 今日はカレーうどんを食べよう!

思考の声: カロリーが高い、おとといもカレーだった、洋服に染みがつくかも、、、


身体がどれほど高性能だと”わかって”も

あたま(思考)は難癖をつけて、すぐにはそれを採用しないものです。


しかもソメヤユキ自身の経験からいえば

身体のために、ちょっと体操することすら、めんどくさがります。





身体の声をキャッチ、採用し、

それを実現するために思考を使う。


これが本来のスムーズな流れですが


思考による過保護な心配や不安は

過去の成功や、有力者の意見や、常識に基づいていて


いかにも、もっともらしく


身体の声を

即、却下しようとしますし

なかなか退けにくいものです。



思考が表に立って、身体の声が聴こえづらかったり…

自分のうちで相反する声に、葛藤してぐるぐる悩んだり…



アクセスバーズは

身体がくつろぎ

思考がしずまるため

そのような葛藤パターンから抜けやすくなります。


また、回数を重ねるごとに

たとえ葛藤にハマっても

バーズをしなくても

「バーズ後のスッキリした状態」に戻りやすくなります。



結果、生き生きとした人生を選べるようになることが多いのです。



Station MOANA

Welcome back to Sta. MOANA for your maintenance of life navigation system もっと!地球をあそぶために。 ソメヤユキによるメンテナンスのためのスペースです。 アクセスバーズ・ボディプロセス・トークチューニング アクセスバーズ講座情報: yukibars.com 《ユキバーズ》